買付旅行2010(パリ)

2010年7月18日 (日)

PARIS その④

パリ買い付け最終日。

この日ははじめてパリ左岸の中心地、サンジェルマン・デ・プレとカルチェ・ラタンへ行きました。

セーヌ川の北側を右岸、南側を左岸と言うそうで、それまで主に右岸の方ばかりで行動していましたが

左岸はまた雰囲気が違って楽しかったです。






サンジェルマン・デ・プレは古くは知識人や芸術家が集っていた歴史ある街だそうで、

賑やかだけど知的で大人っぽい感じの街でした。

そしてカルチェ・ラタンはソルボンヌ大学がある学生街。

若い活気がみなぎる街。

Photo

遠くにエッフェル塔が見えます。

Dsc02960

パンテオン。

キュリー夫妻や哲学者ルソーなど、フランスの文化に貢献した偉人たちのお墓が収められています。





買い付け最終日ということでこの日もかなり気合を入れて歩き回りました。

お目当てのお店や見つけたかわいいお店で小物・アクセサリー・ステーショナリーなどを購入。

まだまだやり残した感はあるものの、後は最後の梱包、リスト作りを残して買い付け作業は終了。

そしてパリ最後の夜ということで凱旋門を見に行ってきました。

本当に壮大です。フランスの勝利の象徴。

Photo

Dsc03009

そしてパリの街にお別れを告げ・・・。






こうして短期間のパリ買い付け旅行が終わりました。

パリの寒空の下、ひたすら歩く旅。

でもお天気には恵まれていたし、大きなトラブルも無くパリの人や街の素敵なところを存分に味わってきました。

まだまだ行きたい所もあるしやり残したことがたくさんありすぎて、絶対にまた来ようと心に誓い、

翌日帰国の途についたのでした。






パリの振り返りを終えるのもなんだか寂しい気がしますが、2度楽しめた感もありますconfident

店内には買い付けた商品がまだいくつか並んでいますし、またこれから並ぶ商品もあります。

思い入れのある物ばかりで、お客様に喜んでいただけると本当に私もうれしいです。

これからもかわいくてほっこりできる、身近な商品をご提案していけたらと思います。

2010年7月11日 (日)

PARIS その③

久しぶりに忘れかけていたパリ買い付け旅行の続きを。






3日目はお目当ての蚤の市へ。バスに乗って目的地へ向かいます。

パリでは基本バス移動。

今回の旅行は観光がほとんどできないタイトスケジュールだったので

車窓からパリの街や風景を見られるバスでプチ観光!

運転手さんに目的地の確認をして乗り込みます。

でもバス内での案内がもちろんフランス語なので、ぼんやりしていると聞き逃して乗り過ごしてしまいそう・・・と思っていたら

運転手さん、親切にココだよーとおしえてくれた。

私が出会えたフランス人はみんな優しかったなあ。英語でも出来る限り答えてくれたし。

ますますフランスが大好きになるなあ。

Dsc00567

バスの切符もおしゃれー。回収されないので大事にとっておきました。

ブックマークに使ってます。









この日は滞在中1番寒かった日で、午前中は道端の水たまりが凍っているほど。

Dsc02875

それでもたくさんの人!

想像以上にお店もいっぱいあって、凍えながら必死で商品を探してきましたー。

その後はまたまたバスに乗ってモンマルトルへ。

Dsc02876

モンマルトルではかなーり道に迷ってしまった。

寒い中とにかく坂道を歩く歩く・・・でもお店は見つからない。疲れる。ちょっとテンションも下がり気味。

途中道を尋ねた男性がとっても親切に教えてくれた。

見上げるとなんて青いパリの空。

がんばれ私たち!

そんなこんなでやっと見つけたお店。そこは店ごと買いたいくらいステキなものがいっぱいheart02

ほんとに苦労して行った甲斐がありました。

実はこちらで買ったものはまだお店に出していません。近々披露する予定ですshine





夕方からは少しだけ観光を。ノートルダム寺院とセーヌ川の遊覧船に乗りに行ってきました。

Photo

Dsc02915

Photo_2

今回エッフェル塔の近くまでいけませんでしたが、次回の楽しみにとっておくことにして

船上からの眺めを目に焼き付けてきました。








帰りは初めてメトロに乗車。

ここでも切符の買い方がわからなかったり、あやうく反対方向の電車に乗りそうになったりsweat01

Dsc02953 

『ポンヌフ』駅の逆方向のホーム・・。

でもなんとか無事ホテルまで戻れましたcoldsweats01

この日も相当疲れてましたが戦利品のリスト作りを遅くまでがんばって、

そして翌日に行きたい場所やお店を再度リストアップ。

翌日が買い付け最終日となります。

2010年6月11日 (金)

PARIS その②

パリ買い付け旅行のつづき。

翌日は快晴。はりきって早く起き、ホテルの朝食をおなかいっぱい食べる。

パリで食べたパンはどれも美味しかったなあ。 ほんと毎朝しっかり食べましたよhappy01






泊まっていたのはオペラ座近くだったので、その日はまずオペラ座界隈~サンポール~マレ地区へ。

ピックアップしているお店を目指して地図を片手にとにかく歩く。

幸いこの日はそんなに寒くなかったので、歩き回るのもそんなに苦にならなかった。

でもせっかく早起きしてお目当てのお店が見つかってもまだ開店していなかったり、

運悪く定休日だったり。そしてお昼どきには休憩時間でお店を2時間ほど閉めていたり・・・。

2時間もランチ休憩とはなんと優雅な。

日本では考えられない光景だけど、ここはパリ。仕方ない。

まさかの空振り続きに戸惑いながら他にいいお店がないか必死で歩き回る。 

歩き続けていると、いいかんじの本屋さんに遭遇したりとそれなりにいい出会いもあったなぁ。

サンポールへ向かう途中、セーヌ川を眺める。

セーヌ川にてたそがれ中。

Dsc02855

この直後「ユニセフに募金を!」と友達が怪しげな人につかまったりしてgawk






サンポール通りはアンティークのお店や骨董品店・アトリエもあったりでとってもいい雰囲気。

サンポール・サンルイ教会も堂々とそびえています。

Photo









マレ地区はおしゃれなセレクトショップが立ち並んでいました。

古着屋さんとかアクセサリーのお店とか。でもなかなか思うテイストのお店には出会えず。

ちょっとおしゃれすぎたかなあ・・・。

その日の目的地は7割くらいは回れたかもしれないけど、収穫量はいまひとつ。

とはいえ、歩いた距離はほんとハンパなかったと思う。

大体目的地まで直線距離で行ける事はまず無いし、おまけに道に迷ったりもする。

万歩計をつけてたらすごい数字が出たやろう。








酷使した足は夕方には鉛のように重く、そして荷物も重いcoldsweats02

マレ地区からホテルへの帰り道はもうヘトヘトのヨロヨロですよ。

夜は買い付けた物のリスト作りもそこそこに、力尽きて眠ってしまいましたmoon3

2010年6月 4日 (金)

PARIS

パリに買い付けに行ってきた時のことを少しずつ書いていきます。

そろそろ何かに残しておかないと、記憶がうすれてきそう。






初めての買い付けはパリ。

何人かの友達に「パリに買い付けに行くねん」というと必ず「行ったことあるん?」と聞かれる。

ないんです。一度も。

でもとりあえずパリに行ってみたかった(笑) だってあこがれですよ、やっぱり。

それにお店で絶対ヨーロッパの雑貨を扱いたかったので、フランスは外せない。


初めてなので土地勘はない。もちろんフランス語もできない。度胸もビミョー。

無謀な買い付け旅行ですね。

正直どこでも1人で行けるタイプではないので、今回は友達と一緒でしたが

その友達も私とおなじくパリ初体験。

パリ経験者から聞くフランス人の冷たさ、あちらでのトラブルや危険な話などで

少々及び腰で行ってまいりました。









まずシャルル・ド・ゴール空港からオペラ座までのロワシーバスの乗り場がわからず、

それを探すだけで四苦八苦sweat01 ふつう地図見たらわかるんですけどね。緊張してたんでしょうねー。 

で、無事バスに乗れて、そこからはパリのすてきな街並みにウットリしながらホテルへ。

これはバスから撮ったギャラリーラファイエット。広告もステキ!

Dsc02814

あーあこがれのPARIS。おーパリジェンヌがあちこちに。かわいいお店もいっぱいあるうheart02

私ほんまにパリに来たんやー。ってテンションMAXup もう夢見心地ですよ。

Photo_2

夜の街に浮かび上がるオペラ座。





その日は幸せな気持ちで早めの就寝。

そして翌日からは過酷な買い付け行程が待っていたのでした・・・つづく。

‐fenetre実店舗‐

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ